看護師になりたいと子供たちが思える看護師

昔は、看護婦と呼ばれていましたが、現在では看護師と呼ばれるようになりましたね。

堅苦しいイメージに聞こえるけれど、女性だけではなく、男性の看護師も増えてきたからだと思います。 看護師さんは、白衣の天使と言われていますよね、そう、看護師のウェア仕事着といえば、白衣が定番だけど、 最近はピンクやブルーなど、病院により、いろいろありますね。

私は子供の頃、看護師のお姉さんに憧れたことがあります。喉が弱かったので、耳鼻咽喉科によく通っていて、 喉の吸入器の使い方を教えてくれ、そばについていてくれたり、診察を怖がると、大丈夫よって安心させてくれたり。 大人になった今も、それはかわらなくて、看護師さんの一言で安心できたりしますね。

今の子供さんも昔の私のように感じていると思います。昔も今も看護師は人気の高い職業なんでしょうね。 人気の高い理由としては、イメージが強いかもしれませんが、病気の人に役に立ち、お世話ができるというところが大きいのだと思います。 看護師の知人は、小さいときに、おじいちゃん、おばあちゃんを介護しているうち、だんだんと病気の人の役に立ちたいと思うようになり、看護師になったのです。きっかけはみんないろいろあると思います。

看護師が患者のお世話をして、癒している…。 これからも看護師になりたいと子供たちが思える看護師さんであってほしいと思います。

ページのトップへ戻る