看護師の出産後の復職はまさしく本人のやる気次第

看護師が離職する理由には結婚・出産・子育てというのも多いです。 しかし子育てなど一段落したところで看護師へもう一度再就職したいと考えている人も多いようです。

このように看護の現場を離れた状態ではありますが看護師免許を持っている人たちを潜在看護師といいます。 この潜在看護師の数は全国で約55万人にものぼると言われており、もしこの人たちが全員看護師へと再就職を果たしたら看護師不足が一気に解消できそうなくらいの人数です。

全員というのは現実的に考えて飛躍しすぎかもしれませんが、一部の人たちが看護の現場へ戻ってきてくれるだけでも看護師不足の解消につながることは間違いありません。 しかし一旦現場を離れた看護師からすると自分がまた厳しい医療現場へ戻って通用するのか心配になり躊躇している場合が多いようです。

ただ看護師の需要は常に高いのでその気になりさえすれば比較的簡単に仕事先を見つけられるというのが看護師免許を取得した人たちの強みでもあります。 看護師はキャリアや経験が重要視されるのでたとえ一旦退いたとしても、まったく経験がゼロの人材よりも逆に求められる可能性が高い仕事です。

今はネット上でも看護師の再就職を支援しているサイトなどがあるのでそのようなものも上手く利用して勇気と誇りを持って現場に戻ってきてほしいと思います。

ページのトップへ戻る