出産後、看護師が現場復帰する理由

私は出産後しばらくは正直このまま専業主婦でいたいなぁ。。とおもっていました。

なぜなら、出産後3?4ヶ月経つまで育児が本当に大変で、家事と育児をしながら仕事をするなんてとてもじゃないけど無理だと思ったからです。 しかも、その仕事が心身共に大変な看護師となると想像しただけで倒れそうでした。 本当にそう思うくらい、その出産後3?4ヶ月までというのは肉体的にも精神的にも疲れていて仕事どころか家事をする事さえ大変でした。

私が子供が1才過ぎたら働いてもいいなぁ、となんとなく思い始めたのは育児にも少し余裕が出てきた半年あたりからでした。 子供といつも一緒にいられる事はとても幸せに感じるし、片時も離れたくないくらい本当に子供って可愛いんですよ。でもなんだか社会から取り残された感覚がでてくるのです。 出産前、結婚前に働いていた友達に聞くとみんなこの感覚があった、と言います。家にいて夫が家に帰るまで誰とも会話してないという日も珍しくないんですよね。 それで、やっぱり働きたいなという思いがでてきたのだと思います。

何故それで看護師か。というとやはり看護師の仕事が好きなんだと思います。身体はキツイし、精神的にもキツイ仕事だと思いますが『仕事に復帰する』と言って自分がイメージするのは看護師の仕事です。 他の職種に比べて子育てしながら働く環境が整っている職場が多いという事もあります。附属の託児所があったり、女性が多い職場なので理解が得られやすかったりします。 また、これは現実的な意見になりますが他の職種に一から就職するより給料が良いです。それに関しては看護師免許以外に特別な資格やスキルを持っていれば別ですし、就職先の病院にもよりますが一般的には看護師は高給な方だと思います。子供が産まれると成長にしたがって本当にお金がかかりますからね。

以上の事で、やはり看護師以外の慣れない仕事を一から始めるより、好きで慣れた仕事の方が子育てとの両立がしやすいのではないでしょうか。私はそう考え看護師に復帰することを決めました。

ページのトップへ戻る