出産後の復職!賢い看護師の就活術~職場見学編~

気になる求人の出ている病院に電話をし、職場見学の約束をした私はまず、聞きたいことをメモにまとめました。 聞きたいことも、その場で担当の方と話したりしていると忘れてしまって後から『あれを、聞いておけば良かった?』となることも多いからです。 メモにしておくと聞き漏らしがないのでお勧めです。 職場見学がなく電話だけの問い合わせになる場合は電話の前にまとめると良いとおもいます。

私が聞きたかったことは
・パートでの勤務は可能か
・配属部署(私は透析が希望です)の希望は可能か
・託児所にはどのくらいまでの年齢の子供がいるか
・託児所のシステム
・夜勤の有無
・職員全体の育休からの復帰時期


一応このくらい思いついたのですが、最後二つの夜勤と復帰時期は『託児所がある』ということから出てきた質問です。 24時間の託児所のある病院は多いですが、それによって小さい子供がいても夜勤が強制だったり、育休から早々と復帰を迫られる所も多いと聞いたことがあるからです。 そういうことは働き出してわかっても困るので最初によく聞いていた方が良いですね。

いよいよ、職場見学当日。服装はわからなかったので一応スーツを着て行きましたが、普段着でも構わないと思います。 病院の受付で見学の事を伝えると人事担当の方が来てくれました。 一緒に敷地内にある託児所に子供を預けに行きました。託児所の様子を見るチャンスでもあるので広さや子供の人数、先生の雰囲気などを良く見ておきました。 戻ると総師長さんが来てくださり部屋で話を聞く事が出来ました。 総師長さんと人事の方の話を聞いた後、メモにまとめた質問をしました。 一つ一つの質問にしっかりと丁寧に答えてくださったのでとても前向きな気持ちになれたのを覚えています。その後、病院の施設を案内してもらいました。働いている職員の方ともたくさんすれ違いますから、雰囲気を良く見ておくことが大事ですよね。 見学を終え総師長さんと別れ、託児所に子供を迎えに行きました。 人事の方から、ここに就職する気持ちになったら復帰時期くらいにまた連絡して下さいね。と言ってもらい病院を後にしました。

このように、私の見学した病院は見学したから就職しなきゃいけません、という感じではなくラフな感じでしたので気が楽でした。 おまけに託児所で子供を少し預かってもらった事で、預けた時の子供の反応も見れて復帰のイメージがしやすくなりました。

私はココで働く事になりましたが、職場見学をして本当によかったと思います。なので見学をさせてもらえる所があれば、遠慮せず、どんどん見学しに行くことをおすすめします。

ページのトップへ戻る